金・プラチナ買取まとめ 宝物コレクション

オリンピックで授与される金メダルって本物?

金メダルって実はメッキ!?

金メダルとはコンクールやスポーツにおいて優秀な成績を収めた方や団体に贈られる物です。どんな大会であろうと金メダルを貰うというのは嬉しい事ですよね。その中で四年に一度開催されるオリンピック。東京オリンピックの金メダルそこで一番になると貰える金メダルはとても価値のある物です。ですが実は本物の金ではなくてメッキなのです。現在のオリンピックで授与される金メダルはメッキですが一昔前までは本物の金でできていたと言われ、1912年のストックホルムオリンピックは本物の金だったと言われています。またオリンピックで一番になると金メダルが授与されますよね。その金メダルはどこで作られているかというと、オリンピックを行う開催国が用意するようになっています。しかし、なぜ純金で金メダルを作らないのか気になりますよね。その理由として金の希少価値と流通している量です。オリンピックで授与される金を全て純金にしてしまうと世界中から金がなくなってしまいます。なので、その国の経済環境にもよりますが、100%金でできているメダルは作らないように決められています。また純金というのはとても柔らかく簡単に傷がついてしまうという理由もあるので純正の金メダルは作らないというのも理由でもあります。またオリンピックで授与される金メダル・銀メダル・銅メダルなどはそれなりの価値があります。大まかな金額ではありますが、金メダルは約5万前後、銀メダルは約3万前後、銅メダルは3千円前後と様々な値段になります。またオリンピックの場合はメダルだけでなく報酬もありますので値段の安いメダルだけでなくきちんとした賞金やその国で色々な報酬があります。また、よくオリンピック選手が表彰台でメダルを噛みしめる姿が良くテレビで放送されますよね。そのメダルを噛む理由とは「どれだけ金が多く含まれている確かめる」ためでもあります。なので純度が100%に近い程噛んだ時に歯形が付きます。しかしオリンピック選手の中には金メダルがメッキという事を知らない選手が沢山います。しかし、カメラマンなどはその知識を知っているため選手に「メダルを噛んでください」とリクエストして歯型を確認しどれだけ金が含まれているかを見てる事もあります。以上が金メダルの豆知識でした。