金・プラチナ買取まとめ 宝物コレクション

貴金属で反応するアレルギーについて

アレルギーに関する豆知識

近年、アレルギー問題が激増しています。特に子供の食物によるアレルギーは問題になっています。しかし、その食物に次いで激増しているのが金属アレルギーです。金属アレルギーを起こしている姿アクセサリーの内部の金属成分が溶け出して何らかの理由で汗をかく事で皮膚の角質層から体内に入り、アレルギー反応を出す事があります。その中でもアレルギー反応を起しやすい金属が「水銀」「ニッケル」です。特に水銀に至っては体温計の先端に使われています。また体温計は脇に挟みますよね。脇というのは人間が一番汗をかきやすい場所でもあり、乾燥する事が少ないです。なので自分が水銀アレルギーと言う事を知らずに体温計を使用してアレルギー反応が出てしまう時があります。次に「ニッケル」という成分ですが、基本的にはイヤリング・メガネのフレーム・腕時計などでよく使われている成分です。これも水銀と同じように日常的に触れてしまう可能性があるものですよね。特に耳たぶに穴を開けてその中に金属の軸を通すピアスをする方に多く症状が見られています。そういった問題もあり、近年では金属の代わりにアレルギー反応が起きにくいと言われているチタンを使用する事が増えています。そんな金属アレルギーですが症状としては金属部分が接している所の皮膚がが皮膚炎を起したり、かぶれを起します。なので皮膚に異常が生じたらすぐに病院に行き専門に医師から診断を受けましょう。しかし、自分が金属アレルギーという事を知ってもアクセサリーは付けたいですよね。今ではアクセサリーはファッションの一つと言える存在です。そんな金属アレルギーの方にお勧めするのが金やプラチナです。金やプラチナはアレルギー反応しにくく、極度の金属アレルギーの方でも全く反応しません。また金やプラチナには純度というものがあります。金では「K14」以上は50%以上が金でできており、プラチナは「pt750」より数値が上の場合は50%以上がプラチナでできているので極度のアレルギーの方でも反応しにくいと言われています。このように魅力的な貴金属ですが自分の体が一番大事です。アレルギーを抑える対策としてはネットに色々な方法が掲載されえていますので参考にしてください。